TOP>SURFING/BB>トピックス一覧>東京2020オリンピック競技大会 「サーフィン」が追加種目に決定!!

東京2020オリンピック競技大会 「サーフィン」が追加種目に決定!!

日本時間8月4日、IOC 総会で東京2020 オリンピック競技大会に「サーフィン競技」が追加種目として正式に発表された。

「サーフィン競技」が初めてのオリンピック競技となる東京2020オリンピック競技大会。

世界中で注目されるであろう歴史のスタート地が東京であることに、今から胸が高鳴る。

日本サーフィン連盟は、サーフィン競技の追加種目決定の発表を受け、株式会社ベイエフエム本社内にて発表会を行った。

 

 

発表会では、開催地については今だ選考中ということで、年内には開催地が決定・発表される予定と発表された。

また日本代表のチーム名は、『波乗りジャパン / NAMINORI JAPAN』に決定した。

 

 

  

今後、この『波乗りジャパン / NAMINORI JAPAN』は、世界選手権や世界ジュニア選手権に派遣される日本代表チームや、NSAの強化A選手(11選手)などが日本を代表して戦う時のライダーたちを総称する愛称・名称として広く発信されるようになる。

 

 

 

■サーフィン競技追加種目決定発表会■

【会 場】

株式会社ベイエフエム 本社内 多目的スペース

住所:千葉県千葉市美浜区中潮二丁目6番地1 ワールドビジネスガーデンマリブウエスト棟27階

【登壇者】

一般社団法人日本サーフィン連盟 理事長:酒井厚志

一般社団法人日本サーフィン連盟 副理事長:宗像富次

一般社団法人日本サーフィン連盟 副理事長:井本公文

▼選手

大橋 海人、大野 修聖、仲村 拓久未、大原 洋人、新井 洋人、稲葉 玲王、村上 舜、石川 挙大

大村 奈央、野呂 玲花、田代 凪沙、鈴木 姫七、松田 詩野