TOP>TEAM>RIDER TOPICS>SURF / BB>【ISA World Junior Surfing Championship】野中・小笠原が選出

【ISA World Junior Surfing Championship】野中・小笠原が選出

『2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship

期間:2017年9月23日(土)〜10月1日(日)

会場:日向 小倉ケ浜(宮崎)

 

国際サーフィン連盟(ISA)主催大会としては、1990年以来27年ぶりに日本国内での開催となるジュニア世界選手権大会『2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』が、9月23日〜10月1日の期間、宮崎県日向小倉ヶ浜海岸にて開催致する。
世界最大規模の国際ジュニア大会となる今大会は、男女ともに18歳以下、16歳以下の2クラスで行われる。
昨年ポルトガルで開催された同大会には、39カ国371名の選手が出場し、日本代表チームは団体4位で終えており、初のメダルを獲得している。
2015年アメリカ大会では5位、2016年ポルトガル大会では4位と順位を着実に上げている日本なだけに、今大会への更なる飛躍が期待される。
 
そんな今大会に、ムラサキスポーツ契約ライダーからU-18男子に小笠原由織(茅ヶ崎南口店)、U-16女子に野中美波の2名が出場が決定。
その他の日本代表選手は次のとおりである。
▼U-18男子
大音凛太、西優司、三輪紘也
▼U-16男子
伊藤李安琉、上山キアヌ九里朱、安室丈、鈴木仁
▼U-18女子
加藤里菜、川合美乃里
▼U-16女子
中塩佳那
 
3年後の東京五輪で、間違いなく日本を担う存在になりうるジュニア世代。12名の若き波乗りジャパンに期待がかかる。

 

▼オフィシャルサイト

http://isaworlds.com/juniors/2017/en/

 

 

yuriogasawara.jpeg

小笠原由織

yuriogasawara2.jpeg

小笠原由織

 

img_137933_1.jpg