TOP>TEAM>RIDER TOPICS>SURF / BB>JPSA2017【Surf Island TANEGASHIMA PRO】渡辺寛が準優勝、笹子が3位

JPSA2017【Surf Island TANEGASHIMA PRO】渡辺寛が準優勝、笹子が3位

JPSA

『Surf Island TANEGASHIMA PRO』

期間:2017年9月21日(木)~9月24日(日)

会場:種子島竹崎海岸(鹿児島)

 

種子島で初開催となるJPSAショートボード第6戦「サーフアイランド種子島プロ」、大会最終日はコンディションを考慮して宇宙センター内灯台下ポイントへと会場を移動してスタートした。風雨が強まり、コンディションはオンショアながらセット胸と見応えのある大会最終日となった。

今回、ダークホース的な存在となったのが、好調な笹子夏輝(クイーンズスクエア横浜店)は、自身初となるセミファイナル進出を果たし3位でフィニッシュした。

男子ファイナルのカードは、今大会ファイナルまでに2本のエクセレントをたたき出した安井拓海と、ムラサキスポーツ契約ライダー渡辺寛となった。序盤にリードを奪った渡辺寛だが、安井拓海がライトブレイクで2本のビッグリエントリーをメイクし大逆転に成功する。

渡辺寛はJPSA初優勝を目前にし惜しくも2位でフィニッシュとなった。

  

■リザルト■

▼ショートボード/メンズ

優勝:安井拓海

2位:渡辺寛(ムラサキスポーツ)

3位:辻裕次郎、笹子夏輝(クイーンズスクエア横浜店)

5位:小嶋海生、仲村拓久未、小川幸男、田中樹

 

▼ショートボード/ウィメンズ

優勝:橋本恋

2位:西元ジュリ

3位:脇田紗良、野呂玲花

 

jpsa.jpg

準優勝の渡辺寛(ホワイト)