TOP>TEAM>RIDER TOPICS>SURF / BB>JPSA2017【昭和エンジニアリング presents 太東ロングボードプロ】森&田岡がW優勝

JPSA2017【昭和エンジニアリング presents 太東ロングボードプロ】森&田岡がW優勝

JPSA

『昭和エンジニアリング presents 太東ロングボードプロ』

期間:2017年6月3日~6月4日

会場:太東(千葉)

 

会場となっている太東の波は北東のウネリが反応。サイズダウンせずにアップ。朝はコシハラ、上げ込みに変わり、ムネカタに。風が東まじりとなるものの、グッドコンデイションで最終日を迎えた。

 

ウィメンズファイナルは、前回の千倉でプロ資格を獲得して、いきなり準優勝した期待の新人、小山みなみと、会場の太東をホームとしているムラサキスポーツ契約ライダーの田岡なつみの激しい戦いを見せた。スタートから果敢にチャージしてスコアを重ねてリードする小山。それに対して田岡なつみはバックハンドでハングテン、ハング5、そしてリエントリーをメイクして9.50をスコアして優勝を狙う小山を逆転。そのまま逃げ切り今季初優勝を手に入れた。

メンズファイナルにはムラサキスポーツ契約ライダーの森大騎が登場。ファイナルヒート開始から2本のエクセレントをマークした森大騎が圧勝した。

森大騎田岡なつみともにホームポイントでの優勝は、本当に嬉しい結果となった。また、それと同時に今シーズンのグラチャンもしっかりと射程範囲に残した。

 

■リザルト■

▼ロングボード/メンズ

優勝:森大騎(ムラサキスポーツ)

2位:堀井哲

3位:浜瀬海

4位:塚本雅也

 

▼ロングボード/ウィメンズ

優勝:田岡なつみ(ムラサキスポーツ)

2位:小山みなみ

3位:菅谷裕美

4位:小高恵子

森大騎&田岡なつみ W優勝

<左:森大騎 右:田岡なつみ

 

田岡なつみ(ライディング)

田岡なつみ

 

森大騎(ライディング)

森大騎