『SLS ロサンゼルス』堀米雄斗が優勝! |RIDE LIFE MAGAZINE SKATE | ムラサキスポーツ/MURASAKI SPORTS公式サイト

 

 

Street League Skateboarding

SLS LOSANGELES

会場:Galen Center(アメリカ カリフォルニア州)

期間:2019年7月27日〜28日

 

東京五輪2020の開催まで1年を切った2019年7月27日〜28日の期間、スケートボードワールドツアー『SLS LOSANGELES』が、アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルスにあるGalen Centerにて開催された。

 

 

今大会も絶好調のムラサキスポーツ契約ライダー達。メンズでは堀米雄斗が見事に優勝の座を獲得した。

 

 

その他に白井空良がファイナルまで進み“あと1本決まっていれば優勝”という状況まで行ったが、最後まで攻めた結果メイクすることができずに、惜しくも6位でフィニッシュとなった。予選から参戦していた池田大亮については、残念ながらセミファイナル敗退となった。

 

- Men's FINAL -

 

 

ウィメンズでもムラサキスポーツライダー達が活躍しており、ファイナルに日本人が2名出場したのだが、その2名ともがムラサキスポーツライダーとなった。その2名が西村碧莉と織田夢海(ムラサキスポーツ イオンモール常滑店所属)である。

昨年の世界女王西村碧莉は最終4位で織田夢海は8位でフィニッシュとなった。

 

- Women's FINAL -

 

1年後に控えた東京五輪2020、この勢いを繋ぎぜひ金メダルを獲得してもらいたい!ぜひ皆様も応援お願い致します。

 

 

 

RECOMMEND