スノーボード初心者のための道具の選び方【ボード・バインディング・ブーツ編】 |RIDE LIFE MAGAZINE SNOW | ムラサキスポーツ/MURASAKI SPORTS公式サイト

スノーボードをこれから始める、これから始めたい、そんなスノーボード初心者の方でまず悩むのがいったい何を揃えればいいのだろうか?種類が多いけど何を選べばいいのだろうか?という問題を解決方法をご案内。スノーボード・ブーツ・バインディングの選び方はここでチェック。

 

当たり前ですが、スノーボードが上手い人やオリンピック選手だって、一番最初は同じ様に悩んできました。だから何も恥ずかしい事ではないのですが、聞きにくかったりしますよね。

まず何を買えばいいのか、ムラサキスポーツのスタッフに聞いてもらってももちろんしっかりとご案内させていただきますが、忙しくてなかなか時間が取れないという方は、是非こちらのページをチェックしてみてください。

 

 

  スノーボードの種類・選び方

  →スノーボードの種類について

  →スノーボードの形状について

  →スノーボードの選び方

  →ワックスについて

 

  ブーツの種類・選び方

  →ブーツの種類について

  →ブーツの選び方

  →ブーツは分解してお手入れしよう!

  →機能性インソール&ソックスで上達!?

 

  バインディングの種類・選び方

  →バインディングの種類について

  →バインディングの選び方

  →バインディングの固さ

  →ツールフリーバインディング

 

 

それではスノーボード初心者の方のために、分かり易くスノーボードギア(道具)の選び方をご紹介していきたいと思います。

今回のこちらのページでは【スノーボード】【バインディング】【ブーツ】のそれぞれの種類、選び方をピックアップ。

また、本文中ではムラサキスポーツ契約プロスノーボーダーの田中幸と星野文香の2人による説明動画もございます。わかりやすい説明になっているので、是非併せてチェックしてみてください。

 

まずはどれがどの道具なのかを次の様に簡単に覚えておきましょう。

【スノーボード】一番大事な“板”の事

【ブーツ】スノーボード専用の履物

【バインディング】スノーボードにブーツを固定する為のギア(道具)

 

それでは、それぞれの種類の説明や選び方を見ていきましょう。

 

 

 

 

スノーボードの種類・選び方

スノーボーディングにおける最も重要なメインアイテムのスノーボード。近年では用途や目的、 滑りたいフィールドによって様々な形状や機能などが搭載されたボードが登場しており、その種類は多様化しています。まずは自分が何をしたいのか?そこを見極めてベストなボードをチョイスしましょう。

 

スノーボードの種類について

スノーボードの種類 スノーボードは大きく分けて3タイプに分かれます。

 

FREESTYLE(フリースタイル)

〜まずはここからはじめよう〜

最も一般的なフリースタイル用のスノーボードです。名前の通り、何でもやりたい人用のスノーボードです。癖がないので初心者にもお勧めです。

 

JIB/GROUND TRICK(ジブ/グラウンドトリック)

〜グラトリにトライしたくなったら〜

レールやボックス、グラトリがやりやすいように作られているスノーボードです。太くて柔らかいのが特徴。初心者に適したモデルもありますが、癖があるモデルもあるので注意が必要です。

 

FREERIDE(フリーライド)

〜クルージングしたい人にオススメ〜

高速で滑ることに特化したスノーボードです。基本的には細くて固いのが特徴ですが、最近では太いタイプもあります。スイッチになると滑りづらいので、飛んだりトリックをやりたい人にはお勧めできません。

 

スノーボードの形状について

スノーボードを床に置いて、横から見たときの形状には 色々なパターンがあります。形状によって乗り味や適した フィールドも変わってきます。

 

 

CAMBER(キャンバー)

最も一般的な形状。ノーズ付近とテール付近が接地していて、スノーボードの中心が大きく浮いています。操作性よりも安定性を重視している形状です。安定性が重要な状況(高速での滑走、キッカーでのジャンプなど)で威力を発揮します。エッジが雪面に掛かりやすいのでカービングターンが簡単にできますが、その反面、逆エッジにもなりやすいのが難点です。反発力が強いので、オーリーなどのスノーボードの反発を利用したトリックにも向いています。

FLAT(フラット)

スノーボード全体が接地している形状です。キャンバーボードとロッカーボードのちょうど中間の特性をもっています。安定性も、操作性も、スノーボードの反発力も中間です。中間と言うと、一番普通の形状と思うかもしれませんが、実際はキャンバーボードやロッカーボードの方が一般的です。フラットボードにこだわりを持った上級者が使用していることが多いです。

DOUBLE CAMBER(ダブルキャンバー)

スノーボードの中心がへこんで、バインディングの下が浮いている形状です。キャンバーボードの、テール・ノーズの反発力を残したまま、操作性を向上させたタイプです。特殊な形状なので、初めて買うスノーボードとしては注意する必要があります。反発を使わないトリックよりも、反発を利用するトリックに向いています。強いて言うなら「操作性を高めたいけど、オーリーはしっかり掛けたいし、キッカーも飛びたい。という人向け」の形状です。

ROCKER(ロッカー)

スノーボードの中心が接地し、ノーズとテールが大きく浮いています。安定性よりも操作性を重視した形状です。初級レベルのターン、グラウンドトリックなどで威力を発揮します。浮力が強いので、パウダー(新雪)滑走が簡単なことも特徴です。カービングターンは難しくなりますが、逆エッジになりづらいというメリットがあります。スノーボードの反発力が弱いので、プレスなどの反発させたくないトリックは特にやりやすいです。全般的に操作が簡単なので、初心者向けとしてオススメされることが多いです。

ROCKER / FLAT BASE(ロッカー/フラットベース)

両足間はフラットだが、インサートホールの外側付近からロッカーを採用した構造のボード。フラットとロッカーの中間に位置しており、ボードを横から見たとき、フラットがお皿でロッカーがお椀だとすると、フラットロッカーはスープ皿のような形状をしています。フラットよりもルーズでロッカーよりも安定感があります。

HYBRID / CAMBER BASE(ハイブリッド/キャンバーベース)

センター部分はキャンバーながら、バインディングを設置した外側あたりからロッカー構造の形状をしている。ボードを横からチェックするとアルファベットの「W」のような形状になっている。キャンバーに比べてロッカーがある分だけパウダーでの浮力も大きく、取り回しのよさも特徴。ダブルロッカー、キャムロックなどとも呼ばれる。

 

スノーボードの選び方

<1> 長さについて

〜大事なのは有効エッジの長さ!〜

有効エッジ長「身長70%」を目安に運びます。例えば身長が170cmの人なら、[170cmx0,7=119cm]となり、119cm前後の有効エッジのボードが乗りやすいということになります。有効エッジが長いと直進安定性が高くなり、短いと操作性が良くなります。スピード重視のフリーライディングの派の方や、ハーフパイプで「もっと高く飛びたい!」という人は 長めのボードを選ぶと良いです。逆にトリック重視のフリースタイル派は、有効エッジが少し短いモノを選んでもOKでしょう。どちらにしても、身長の70%から±2〜3cm程度で選ぶと良いでしょう。

<2> 幅について

〜ブーツのサイズ マイナス1cm 前後〜

ボードのウエスト幅(横幅)の目安は「ブーツサイズ マイナス1cm前後」が妥当です。最も重視すべきなのが、「自分の足に対してウエスト幅が短すぎる」こと。ボードを装着した時に、つま先やかかとが板から大きくはみ出ていると、ターンする時に雪面に当たり危険です。スノーボードは全長が長くなるとウエスト幅も大きくなりますので、背は低いが足が大きい人、また足のサイズが大きな女性は注意してください。

<3> 硬さについて

〜最初は柔らかめ!が基本〜

板の硬さには「板のしなりやすさ(フレックス)」と「ねじれやすさ(トーション)」の2種類があります。よくしなれば、少ない力でターンもジャンプもしやすくなります。その反面スピードが速く出ている時には、柔らかいとよくしなるが故に、バタバタと暴れてしまうことがあります。そこまで高スピードを出さない初心者の方には、最初は柔らかい板がおすすめです。

 

▼メンズ スノーボード

▼ウィメンズ スノーボード

 

今お持ちのボードを売って、

お得に乗り換えできる【下取保証】をチェック!

 

★ワンポイント★

WAXについて

スノーボードのワックスは、固形や液体、 ペースト、粉状といった形状のバリエーション に加え、生塗りやホットワックスといったかけ方にも種類があります。 気温や雪面の温度、用途に合わせ適切なワックスを選びましょう。

WAXはなぜ必要?

スノーボードをやったことがない方や初心者の方は「ワックスをかけ るとボードがよく滑り、スピードが出てしまうから怖いのではないか」 と思っている人もいると思いますが、ワックスが何故必要なのか? 車の操作に例えてみましょう。

ワックスをかけた状態→車のハンドルが非常に軽く、扱いやすい状態

ワックスをかけていない状態→ハンドルが重く操作がしづらい状態

ワックスをかけるということは、アクセルを踏んで「スピードを出す」 ためにするのではなく、ハンドルを軽くして、「ボードを思い通りに 操作できるようにする」ということなのです。

ワックスの種類

大きく分けて「生塗りワックス」と「ホットワックス」の2種類あります。

生塗りワックス

手軽で時間もかからない!でも持続効果が短い!

生塗りワックスとは文字通り、ワックスを生でソールに塗り、コルク等で擦って熱を加え染み込ませていく手法です。5分もかからず手軽にワクシングを行えるので、時間のないときや、スキー場についてからでも行えるのがメリットです。その反面、ワックスの持続効果は短く、半日もかからずにその効能は終わってしまいます。

--- スプレーワックス ---

ソールにスプレーし、付属のコルクを使って擦り込むタイプのワックスです。非常に簡単で簡易ワックスとも呼ばれますが、持続効果は短いので滑る前や、休憩の度に塗るのがおすすめです。

--- ペースト状ワックス ---

スポンジで必要な分だけを削ぎ取り、ソールに塗ってコルクで伸ばしていきます。液体と同じく持続効果は長くありませんがスプレータイプに比べてあまりかさばらず、携帯用としても便利で一日に何度も塗りやすく作られています。

ホットワックス

手間がかかる分、効果も大きい!

アイロンを使って行うホットワックスは、ろうそくのような固形ワックスをアイロンで溶かし、ソール面に染み込ませていく手法です。ホットワックスは手間も時間も必要ですが、その分滑走効果は生塗りに比べて格段に長く、時期やコンディションにもよりますが一日以上は余裕でその効果が持ちます。

ベースワックス ⁄ 滑走面の下地を作るためのワックスです。ソールの汚れを取りながらも、滑走ワックスの持続性能を高める効果があります。

滑走ワックス ⁄ 撥水性を高めてソールをより走りやすくするフッ素が含有されたワックスのことです。値段が高いほどこのフッ素がより多く含まれていることが多いです。

クリーニングワックス ⁄ 非常に柔らかで熱に溶けやすく、ソールに染み込んだ汚れを浮き出し、スクレーパーをかけることで、リムーバーでは取れない汚れも取ることができます。

 

 

 

 

ブーツの種類・選び方

ブーツはスノーボードのハードグッズの中で唯一直接体に触れるもの。履き心地、締め方、ソールなどの履き心地に関わる部分から反応性や硬さなど、スノーボードの操作にダイレクトに影響する部分まで大きなウエイトを占めるギアです。自分にあったブーツを選べれば自然と滑走時間も長くなり、快適にスノーボードを楽しめるのです。

 

ブーツの種類について

スノーボード(ソフト)ブーツのシステムは大きく分けて3タイプあります。

LACE(レース)

〜もっとも歴史ある“ヒモ” タイプ〜

最もオーソドックスなタイプ。慣れない初心者や女性の方はブーツをきつく縛るのに時間と労力がかかりますが、慣れてくると自分の好きなようにきつさを調整でき、万がーひもが切れてもすぐに交換できます。

 

BOA(ボア)

〜ダイヤルを回すだけ!〜

 ダイヤルを回すだけでブーツが緩められます。ブーツを履く時間が短縮でき、何より少ない力で締まるので女性にもおすすめです。また最近では締める強さ2箇所で調節できるように、ダイヤルが2つ付いたタイプも出ています。

 

SPEED LACE(スピードレース)

〜楽に締められてフィットも◎〜

「クイックシュー」とも言われており、フィット感と楽に締められることを両立させたのがスピードレースタイプです。ブーツの両サイドについた取っ手を真上に引っ張ることで、ブーツが締まっていきます。素早く快適にブーツを履くことができます。

 

 

スノーボードブーツの選び方

ブーツは唯一直接身体に触れるギアなので、ギア選び方の中でも最も大切です。板やバインディングは多少自分に合わなくても、滑っているうちに少しずつ慣れてきます。しかしブーツが合わず足が痛いと時間が経ってもずっとそのままです。なので、しっかりと自分に合ったブーツを選びましょう。

<1> サイズを確認する

お店にあるサイズゲージで、正確なサイズを確かめてみましょう。試し履きの際はスノーボード用のロングソックスを一緒に履くことで、よりスキー場での感覚に近くなります。ムラサキスポーツでは試着用のソックスを用意しています。

<2> ブーツを履いて立ってフィーリングを確かめる

初めてブーツを履く人にとってはブーツがきつく感じたり、違和感を感じたりすることもあるかもしれませんが、履いた瞬間に明らかにどこかが「痛い」と感じるブーツはやめましょう。特につま先、 かかと周りはメーカーごとに特徴があり、自分に合わないブーツは「痛い」です。もしサイズの問題かなと思ったら、次項の方法でブーツの大きさを見て、違うサイズを試してください。

<3> つま先⇄かかとに交互に体重を乗せてみてブーツの大きさを見る

ブーツを履いて立ち上がり、前傾姿勢をとってつま先側に体重を乗せてみます。その際に、かかとがブーツの中で浮いてしまうと、ブーツのサイズが大きく、ブーツ内で足が動いてしまっている証拠です。多少の浮きはブーツをきつく締め ることで解消できますが、頻繁にかかとが動くようでは、滑走中に靴ずれを起こしてしまうので、かかと周りが浮かず圧迫されないブーツを選びましょう。今度は反対に、つま先→かかとへの体重移動をしてみます。ブーツの内側でつま先が当たっている場合はサイズが小さいか、ブーツの形が合わないかのどちらかです。ブーツサイズを上げてみてください。

 

 

自分にあったブーツ3ヶ条

①足全体に均等にフィットする。

②かかとがカパカパ浮かない

つま先をピンと伸ばした時にブーツに当たるか当たらないかくらい

以上の点を参考に自分の足にぴったりの一足を探してみよう!

 

 

▼メンズ スノーブーツ

▼ウィメンズ スノーブーツ

 

 

 

 

 

★ワンポイント★

ブーツは分解してお手入れしよう!

ほとんどのスノーボードブーツは「アウターブーツ」「インナーブーツ」「インソール(中敷)」の3つに分けることができます。滑った後は写真のように、3つに分けることで早く乾かすことができます。分解しないで生乾きの状態が続くと細菌が発生しカビや悪臭の原因になります。消臭スプレーをする方も多いと思いますが、そのままスプレーをかけるより、3つに分けてからの方が効果的です。アウターは型崩れ防止のために、軽くヒモやワイヤーを締めておくと良いでしょう。

おすすめ消臭抗菌スプレー

『A2 Care』

 

 

機能性インソール&ソックスでスノーボードが上達⁉︎

機能インソールって知ってますか?身体のバランスを整え、パワー伝達が良くなるので技術の向上にも一役買ってくれるうえに、姿勢の悪さからくる腰痛や膝痛の改善にも○。更に、着圧ソックスを履くことで効果的に筋肉をサポートし、疲労の軽減にもつながります。ちなみに海外では、インソールや着圧ソックスは病院から処方される国もあり医療用としても認められています。

 

 

 

 

バインディングの種類・選び方

バインディング(ビンディング)はブーツを通して足からのパワーをボードに伝える大切なギアです。ただボードとブーツを留めるだけの器具にあらず。よりバインディングを知ることでグッズとスノーボーディングライフが充実すること間違いなし。

 

 

バインディングの種類について

バインディングのシステムは大きく分けて3タイプあります。

STRAP(ストラップ)

〜永久不滅の定番〜

最もオーソドックスな形のバインディング。多くのモデルがこの形を使用しているので、種類豊富な中から選ぶことができます。つま先と足首の二箇所のストラップでホールドし、ホールド感は抜群です。デメリットはバインディングの着脱が面倒という点ですが、慣れてしまえば立ったまま装着することができます。

 

QUICK ENTRY(クイックエントリー)

〜締め付けないホールド感〜

ハイバックを後ろに倒して、そこからブーツを差し込み、ハイバックを戻してロックします。クイックエントリーのメリットは着脱の早さです。ストラップに該当する部分は、つま先から足首まで繋がった状態なので、面で支えられている形になるため、ストラップの締め付け感が苦手な人にはおすすめです。

 

STEP ON(ステップオン)

〜最新のバインディングシステム〜

昨シーズンからBURTON(バートン)がリリースした最新システム。つま先側とハイバック配分にあるフックにブーツのクリートを装着し、ワンアクションで着脱が可能で、とにかく速いです。専用のブーツに足首をホールドするストラップ代わりのパーツがついています。ただし、専用のブーツが必要となり、価格が高いのがデメリットです。

★ワンポイント★

スノーボードにバインディングを着ける為のビス穴には、主に以下の2種類があります。

4x4(フォーバイフォー)

BURTON以外のスノーボードはほとんどがこのシステム。2×4や4x4のスノーボードに用い、4個のビスでとめます。

The Channel (チャネル)

スリット形状になっており、2個のビスでとめる為スタンス調整が自在です。専用ベースプレートのバインディングが必要。

※BURTONのみ

 

バインディングの選び方

バインディング選びのポイントは、バインディングとブーツの相性がとても大切です。なので、バインディングを選ぶときは必ずブーツを持参しましょう。

<1> ヒールカップとブーツのカカト部分の大きさが合っているか?

隙間が多過ぎるとしっかりとホールドされません。

<2> ベースプレートとブーツ幅は合っているか?

幅が広すぎると毎回足の角度が微妙に変わってしまいます。

<3> ハイバックがブーツに対して高すぎないか?

ハイバックはブーツよりも低いものを選びましょう。

★ワンポイント★

バインディングの固さ

ブーツ同様に、固い方がスノーボードにパワーを伝えやすいですが、スノーボードの操作がシビアになります。反応が良いということです。しかし、上手く扱えない場合はスノーボードの操作が難しくなります。柔らかい方がパワーが伝わりづらく、スノーボードの操作はルーズになります。反応が悪いということです。しかし、スタイルを入れやすかったり、余計なパワーが伝わらないなどの利点があります。どちらが上級ということはありませんが、初級レベルの人が固いバインディングを使うとスノーボードの操作が難しくなりますので、初心者には柔らかいバインディングがおすすめです。

ツールフリー・バインディング

バインディングにはブーツや滑り方に合わせて、調整箇所が多くあります。調節はおおむねドライバー 1本あれば済みますが、優れた商品は手で調整可能(ツールフリー)なパーツを使っているものもあります。いざという時に楽に調整が可能です。是非、調整パーツにも目を向けて見てください。

 

▼メンズ バインディング

▼ウィメンズ バインディング

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。是非ムラサキスポーツのお店にお越しいただき、スタッフにお気軽にご相談くださいませ。

 

 

ムラサキスポーツの店舗一覧はコチラ

 

RECOMMEND