2019年9月『ISA世界選手権』日本代表が決定! |RIDE LIFE MAGAZINE SURF | ムラサキスポーツ/MURASAKI SPORTS公式サイト

2019年5月6日〜7日、志田下ポイント(千葉県一宮町釣ヶ崎海岸)にて開催された『第1回 ジャパンオープンオブサーフィン』の結果を受け、2019年9月に宮崎県にて行われる『ISA世界選手権』へ出場できる日本代表選手が発表された。

選出されたのは男女3名ずつで、選考基準は大きく纏めると次の3種になる。

 

<1>『第1回 ジャパンオープンオブサーフィン』の優勝者

<2>2018年のワールドランキング

<3>NSA協会推薦枠(昨年のISA実績と今年のWSL実績)

 

上記の基準から男女1名ずつとなり、次の6名が今回選出された。

 

<1>『第1回 ジャパンオープンオブサーフィン』の優勝者

村上舜 / 松田詩野

<2>2018年のワールドランキング

五十嵐カノア / 前田マヒナ

<3>NSA協会推薦枠(昨年のISA実績と今年のWSL実績)

大原洋人(ムラサキスポーツ) / 脇田紗良

 

<左から松田詩野・脇田紗良・前田マヒナ・村上舜・大原洋人

 

先に見えてくる東京オリンピック2020においてISA規定では、CT選手の場合2019年と2020年の「ISA世界選手権」への参加が必須だが、それ以外の選手はどちらかに出れば条件は満たされる。

気になる今後の東京オリンピック2020出場枠についてだが、次のように言われている。

 

- 東京オリンピック2020出場枠獲得について

・2019年の「ISA世界選手権」でアジアNo.1になれば、日本チームの東京オリンピック2020の出場枠が内定となる。

・2020年5月には、東京オリンピック2020最後の出場枠をかけた世界選手権が開催される。

 

日本代表としての出場枠は以上の様に言われているが、日本代表として出場できる選手選考については、今年同様のジャパンオープンオブサーフィンが行われ、他の選手にもチャンスが残されていて、選考基準の優先順位は次のとおりである。

 

- 東京オリンピック2020 日本代表選考基準 優先順位

優先順位1:WSL/CTのランキング

優先順位2:2020年ISAワールドサーフィンゲームスの結果

優先順位3:2019年ISAワールドサーフィンゲームス

 

今回選出された6名にとっては、東京オリンピック2020出場に向けて大事な大会となる。

 

 

- 関連記事

『第1回JAPAN OPEN of SUFING』大橋海人が準優勝!

 

 

Photo by SURF MEDIA / S.Yamamoto

 

RECOMMEND