サーフィンの最高峰ツアーWorld Surf League(WSL)のChampionship Tour(CT)第5戦が、バリ島クラマスポイントにて開催中。

Round1は全て終了し、本日はRound2からのスタートとなっている。

Round2には、Round1の各ヒート3位でフィニッシュした選手がエントリーされる。Round1で1位と2位の選手はRound3へとラウンドアップとなる。

日本リージョンから参戦している五十嵐カノアはRound1で3位となり、Round2で昨年のQSランキング2位のJesse Mendesとのヒートとなり、接戦の末Jesse Mendesがリードを守りきりラウンドアップし五十嵐カノアはRound2で姿を消した。

Round3からは勝ち上がってきた選手たちが登場するので、また激しい戦いが繰り広げられるだろう。

 

大会の様子はLIVE配信もされているので、ぜひご覧ください。

2020東京五輪の追加競技にもなっているサーフィンが、いったいどういう大会なのかと知らない方も是非ご覧いただければと思います。

 

LIVE配信

 

 

RECOMMEND