日本スケートボード選手権大会 兼 OCAアジア大会派遣選手選考会

期間:2018年5月13日(日)

会場:ムラサキパーク東京(東京都)

 

5月13日(日)にムラサキパーク東京にて JRSF(日本ローラースポーツ連盟)主催の 「日本スケートボード選手権大会 兼 OCAアジア大会派遣選手選考会」が行われ、 第2回目の今大会の勝者及び2018年のスケートボード強化選手が決定した。

大会結果は、メンズにてムラサキスポーツ契約ライダー小鈴大和(イオンモール常滑店所属)が2位、ウィメンズでは同じく契約ライダーの中山楓奈(イオンモール高岡店所属)が3位が入賞した。

メンズクラス・ウィメンズクラス共に上位4名が強化選手となるので、今回の結果を受けムラサキスポーツからは2名が強化選手となった。

2020年に東京五輪を控えているスケートボード。今大会も参加出場選手のほとんどが10代とその勢いとパワーは計り知れない競技となっております。

日本人スケーター達を、今後も是非応援よろしくお願い致します。

 

▼メンズクラス

1位:池 慧野巨 17歳

2位:小鈴 大和(イオンモール常滑店所属))17歳

3位:山下 京之助 13歳

4位:根附 海龍 14歳

 

 

▼ウィメンズクラス

1位:伊佐 風椰 16歳

2位:織田 夢海 11歳

3位:中山 楓奈 (イオンモール高岡店所属))12歳

4位:前田 日菜 12歳

 

RECOMMEND