【BMX(フリースタイルパーク競技)編】これを見れば大会が楽しく見れる!ルールブック! |RIDE LIFE MAGAZINE OTHER | ムラサキスポーツ/MURASAKI SPORTS公式サイト

 

BMXの大会が最近ニュースなどでよく取り上げられています!でも「BMXって、かっこいいけど大会のルールはわからないなー。」そんな方、必見!そこで、これを見ればBMXの大会のルールなどが一目でわかっちゃいます!

 

“イメージ画像” “イメージ画像”

 

BMXとは1970年代初頭のアメリカ西海岸を中心に始まったとされている。 オートバイのモトクロススターに憧れた子供たちが、 20インチの自転車を乗り回していたことが原点とされており、BMXの名もBicycle Motocross(バイシクルモトクロス)に由来している。その後レース競技として全米で盛んに行われるようになったが、遊びが原点のBMXだけに、レースにとどまらず自在にBMXを操るフリースタイルというカテゴリーが誕生した。 現在ではさらに、ストリ ートやパーク、フラットランドという競技種目に細分化され新海している。カテゴリーを問わずに子供から大人までが同じフィールドで楽しめる。BMXは、多くの年代の指示を集め、国境を越え全世界に広がっている。

 

様々なサイズのジャンプ台を使い、ジャンプ中に縦回転のバックフリップ、横回転の360などに挑戦し、自転車だけを回転させるテールウィップやハンドルを回すバースピンなどを組み合わせて、高難度の技を連続的にくり出していく。ジャッジの採点基準は難易度・完成度・高さを元に、トリックの組み合わせ「コンボ数」の多さを重視。難易度の高いトリックでもランディング時に転んでしまうと25%減など細かくて規定されている。難易度の高いトリックをミスなく、どれだけメイクできるかで勝敗が決まるスポーツ。アーバンスポーツの一つとされるフリースタイル・パークは若者の人気スポーツとして2017年世界選手権がスタートし東京2020よりオリンピック正式種目として実施される。

 

 

 

シーディングラン(予選)の2回の演技の平均点で決勝のスタート順を決める。決勝は、ベストラン方式となっており2回の演技のうちのベストスコアで順位が決まる。シーディングランと決勝ともに、滑走時間は1分間。点数は、99点満点で付けられる。競技中に足を付いてしまうと、その時点で終了というわけではないが、その後の得点は伸びづらい。

また、スタート地点が決められていないこともフリースタイルパーク競技の特徴となっている。

 

主な採点基準としては、12の項目から構成されており、

a. 難易度(実行されたトリックだけでなくコースの中のトリックと使われた組み合わせの配置も考慮する)
b. 高さ (実行されたトリックの振幅)
c. 流れ
d. 独創性(トリックと並び)と多才さ
e. スタイル
f. 一貫性(安定性,流動性および実行された演技のコントロールを考慮)
g. トリックの多様性(標準的な空中技,回転,グラインドなどを考慮)
h. トリックのコントロール
i. 自転車のコントロール
j. 着地
k. コースの使用
l. 達成度

となっている。この中でも特に重要とされているのが、難易度と流れ、着地であり、いかにオリジナリティーを出しながら、他のライダーが行っていないトリックをするかも重要となってくる。

 

オリンピック競技として採用されているフリースタイルパーク競技における基本的なトリックは、下記の4つとなっており、基本トリックを組み合わせて高難度のトリックにしていく。

lll バースピン
ハンドルを1回転するトリック。

 

lll テールウィップ
自転車のみ横1回転するトリック。

 

lll 360(スリーシックスティ)
自転車ごと横1回転するトリック。


lll バックフリップ
後方1回転するトリック。

 

中村 輪夢 / Rim Nakamura
出身国:Japan

Daniel Dhers
出身国:Venezuela

大池 水杜 / Minato Oike
出身国:Japan

Hannah Roberts
出身国:USA

 

エアーの高さ、動きの大きさ、縦回転、横回転と選手のダイナミックなトリックにとにかく注目!
そして、コースをどのように走ったか(ライン取り)、どのようなセクションを使うかにも注目してもらいたい!

また、シーディングランでは平均的な技の構成で勝負する選手が多く、決勝ではベストラン方式となるため難易度の高いトリック勝負を仕掛けてくる選手が出てくる!是非とも、その選手の駆け引きにも注目していただきたい。

 

大霜 優馬 / Yuma Oshimo

 

 

RECOMMEND